最新情報

アトピーは本当に治るの?

アトピーは体質を改善することで、痒みや炎症を抑えることが可能です。皮膚のバリア機能が弱ることで発症するアトピーを解決するには、アレルギーを引き起こす原因物質を遠ざけて体を免疫力のある強い体にすることが肝心となります。薬だけでアトピーの症状だけを押さえ込んでも、原因物質を浴び続けて体の防衛機能が弱っている限り完治は難しいと考えられます。なのでお医者さんだけに頼らず、自分の生活全般を見直すことが必要になります。食生活の改善や睡眠時間の確保はアレルゲンが何であれ、アトピーの方は一番に見直しを試みるべき点です。それに加えて適度な運動とストレス解消を行う、つまり健康的な生活を送ることで自然と体のほうが強くなり、少しアレルゲンに対しても自然な免疫作用のみで対処できるようになると考えられるからです。巷には様々な健康食品や民間療法が流行っていますが、この薬を使用すれば〜ヶ月で必ず治る!と謳うものには注意が必要です。なぜならアレルギーやアトピーの症状というのは個人差による幅があるものなので、病院で処方される薬でさえ合うものと合わないものがあるのですから。体につける薬や健康食品の情報は信頼性に十分注意をしましょうね。よく分かる!メトセラes-27クリーム 赤ちゃんサイトの情報。

タグ

2014年2月14日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:未分類

白髪染めの明るめ色で白髪を目立たなくしよう

白髪染めの色は、おしゃれ染めのヘアカラーよりも暗めの色
というのがこれまでの常識でした。

しかしそれは、白髪染めが白髪を黒くして目立たなくさせる
という目的だけで使われていた時代の話。

昨今の白髪染めは、ヘアカラー並みに明るめの色を選んで
染めることが可能になってきています。

この投稿の続きを読む »

タグ


白髪染めの早染めタイプは髪へのダメージが大きい?

白髪染めといえば、シャンプーして2剤を混ぜて髪に塗って
また待って、と手間と時間が掛かるイメージです。

そこで、早染めの白髪染め。

早く染まるイコール薬剤がキツイ、と考えがちですが大丈夫。

例えば、白髪染めトリートメントに、早染めタイプがあります。

この投稿の続きを読む »

タグ


白髪染めのヘナも場合によってはアレルギーの元に

白髪染めでのアレルギー反応と言えば、酸化染料タイプの白髪染めに
使われている、ジアミン系の染料がアレルギー物質であることは良く
知られています。

また、酸化染料でなくても、化学物質へのアレルギーから、天然染料
の白髪染めを選ぶ方は多いもの。

この投稿の続きを読む »

タグ


白髪染めとパーマでは先に白髪染めをすべき?

白髪染めとパーマの両方をされている方は多いと思います。

美容院に何度も行くのは大変だからと、一度で済まされて
いませんか?

しかし、白髪染めとパーマを同じ日にするのは、あまりにも
髪と頭皮へのダメージが大きいもの。

この投稿の続きを読む »

タグ


白髪はハゲないというのは嘘か本当か?

人生で老化とい現象は避けられないものです。
人は老化といえばハゲるというイメージがあるようですが、
白髪も列記とした老化現象になります。

一方で、ハゲるのか白髪になるのか?
白髪の人はハゲないとう噂が浮上しているようです。
この噂は噂にすぎないようです。

この投稿の続きを読む »

タグ


2012年8月23日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:白髪あれこれ

白髪が出始める年齢とは?

白髪は何歳で出始めるという
年齢は決まっていません。
20代で出始める人もいれば
50代60代でも白髪がない人もいます。

この投稿の続きを読む »

タグ


2012年8月21日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:白髪あれこれ

白髪に効くツボってある?

ツボはとても効果がありますね
胃が痛い時に足ツボを刺激すると
すぐに治ってしまいました。
このように人の体には様々なツボがあり、
効能も様々です。

この投稿の続きを読む »

タグ


2012年8月20日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:白髪あれこれ

白髪とタバコの関係は深かった

まさに!タバコは白髪の原因です。
なぜ白髪になるのか?を考えてみると
タバコが白髪の原因だということがよくわかります。

まず、髪はメラノサイトで作られるメラニンにより、
黒く色がついています。

この投稿の続きを読む »

タグ


2012年8月18日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:白髪の原因

白髪が増える時期~産後編

女性の一生の中で、白髪が生える時期というのは、
老化に伴う時期だけだとばかり思っていましたが、
実は産後も白髪が増える時期でもあったのです。

この投稿の続きを読む »

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像